無理に食事制限をしないダイエットで痩せました

以前は躍起になってダイエットをしていました。一食置き換えダイエットをしたり、ジムに入会して運動をしたり。

しかし、その時は痩せることができるのですが、次第にストレスが溜まり、食事制限や運動をやめてしまい、やけ食いをして、リバウンドしてしまう。そんな生活を続けていました。

どうしたら、無理のなく痩せられるのだろうと考えた結果、食生活を見直してみることにしました。

私の1日の食生活は、朝昼晩と毎食きちんととり、おやつにスナック菓子やコーヒーを食べるというものでした。

この食スタイルを制限すると、今までと同じで、ストレスが溜まってしまうだけなので、食べる内容を変えてみることにしました。

朝昼晩のご飯は野菜中心のご飯にし、お腹が減っていないときは食べない、ということにしました。お腹が減っていなくても、ご飯の時間になれば食べる、ということを辞め、お腹が空いてる時だけ食べるというスタイルにしました。

必然的に、前の日の晩にご飯を食べ過ぎた時は、朝焼け昼はあまりお腹が減っていないので、何も食べないか、果物を食べるだけになりました。

お腹が空いていなければ、ご飯の時間になっても食べない、と決めたことで、無理に食べていた時間があることに気が付きました。

そうやって、体が必要としていない時はご飯を食べないようするという食生活に変えたところ、体重が減り、体がとても軽くなり活動量が増えました。

おやつはというと、スナック菓子を辞め、フルーツにかえました。フルーツだと甘さもあるので、満足感も充分あります。

無理のないダイエットをするには、自分の体のサイクルにあわせて食事をとると良いですね。
内臓脂肪を減らすために重要なこと

息子と娘が大げんかをしてしまいました

今日、出先から帰ってきて、あとはパパがお仕事から帰ってくるのを待っている時の話です。

息子と娘はそれぞれ遊んでいました。

私もパパのご飯の支度を終わらせ、パパが帰ってくる前に済ませておこうと干しておいた洗濯物を畳んでいました。

すると、いきなり息子と娘が取っ組み合いの喧嘩をしだしました。

さっきまでそれぞれ別に遊んでいて、穏やかだったのに何事でしょう。

私は洗濯物を畳んでいたので何故そんなことになっているのかわかりませんでした。

とりあえず3つ上のお兄ちゃんが娘を叩いていたので、息子を叱ります。

何でそんなことしてるの!と。

息子はむすっとして何も言いません。

娘はお兄ちゃんに叩かれて泣いています。

何度か息子に話すように聞くと、どうやらお兄ちゃんが箱にブロックをしまっていたのを全部出されたから起こってそうしたようです。

もともと娘が邪魔したのがいけないのですが、息子もだからと言って手を出したらいけないということを伝えました。

そして息子の気持ちも分かるけど、手を出さずに口で言って分からなければママに言いなさいと伝えました。

すると息子は息を殺して泣いていました。

自分は悪くないのにとよっぽど悔しかったのでしょう。

でも息子の気持ちも代弁してくれて落ち着いたようです。

子供達の喧嘩、年と性別は違えど、これからもたくさんありそうです。

ときどき衝撃的な3歳の息子が話す言葉

3歳の息子がようやくいろいろ話してくれるようになり、
育児がますます楽しくなりました。
もともとは言葉がなかなか出てこなくて、
区役所から状況確認の電話が
月1回のペースでかかってきていたくらいだったのです。
言葉は女の子の方が習得が早く、
男の子はなかなか話し始めないと聞いたことがあります。
確かに大人でもおしゃべりな人は女性の方が多いような気がします。
周りの人からアドバイスを受けながら不安になったこともありましたが、
今ではようやくその悩みから解放されました。

今年の春から幼稚園へ通い始めて、息子が話す
言葉の数が格段に増えました。
まだまだ片言ですがなんとなく会話は成立します。
幼稚園でお世話になっている先生のことや
仲良しのお友達についてよく話します。
いつものようにお話をしていたら「○○先生は髪の毛がきれい」とか、
いろいろな人のことを褒めた日があったので
「お母さんはどのへんがきれい?」と聞いたら、
「なんにもきれいじゃない」とハッキリ言われてしまいました。
正直なのか、なんなのか。
大したことではないのに夜までモヤモヤしてしまった出来事でした。
リバイブラッシュ

君のつくったサラダを毎日食べたいんだ

夫にお前の手料理で毎日食べたいものがあると言われて、キュンときました。
結婚して3年目ですしお互いが慣れてしまって相手の言動に動揺しなくなったと思っていましたが、私にもまだこんな感情が残っていたなんてと考えていたら、サラダのことでした。

毎日食べたいと本気で言ってくれているので嬉しいのですがサラダってと正直思いましたね。
ポテトサラダとかならまだわかります。家庭の味もありますからね。けれど夫が言っているのは野菜を切っただけのサラダです。

もっと詳しく言うと玉ねぎをみじん切りにさえすればいいサラダなんですね。
私が考えた手抜きサラダにドレッシングをかけて食べたいそうなんです。

主婦をやっているので私が刻むべきですけど、心境としてはそれってあなたでもできるサラダなんですけどといったところです。
君のオムライスを毎日食べたいとか、王道の味噌汁を毎日飲みたいとか、そういう話だったら感動したんですけどね。仕方ないので毎日玉ねぎは刻むことにします。

栄養ドリンクを飲んで頑張るぞ?

季節のせいか?年齢のせいなのか?ここ少し体調がすぐれません。
そんな中、保育園児の娘が発熱。
幸い検査の結果、大きな病気じゃなかったものの、かれこれ1週間も高熱が続いています。
ワーキングウーマンなので、ずっと会社を休むわけにもいかず、おばあちゃんや、夫と交代で休みを取って
仕事と、看病と両立中です。

しかし、やっぱり体に応えます。
夜は熱であまり眠れない娘が心配なのと、様子を見るために、何度か目を覚ましてしまいます。
おかげで翌朝の私はぐでんぐでん。
それでも会社にも行かなくてはならないので、会社への道すがらコンビニで栄養ドリンクを買う事にしました。
急いでいたので、とりあえず一番手前にあった、安めの栄養ドリンクをチョイス。
会社の給湯室で、朝いちばんに飲むことにしました。

ドリンクを飲んでいると後輩がやって来ていいました。
「あれ?栄養ドリンクですか?でも それで効きますか?」
購入したドリンクを見て見ると、ノンカフィン夜飲んで、翌朝に効く!と書いてあるではありませんか。
栄養効果を聴かせたいのは「今!」なのに。
苦笑いしつつ、とりあえずこの日も一日乗り切ったのでした。
早くみんな元気にな〜れ。

男の子は熱を出しやすいので注意が必要

男の子はわんぱくで元気いっぱいなんですけど、時たま熱を出すことがあります。幸い1日2日で平熱に戻るけど、女の子よりか出しやすいです。

けれど熱が気にならないのか走り回ったりニコニコしてるので、親の方が心配になります。だいたい38度位が多く、そのまま風をこじらせるか元気かのどちらかなので親としては慣れてくるとそんなに気になりません。熱が出た時には外へは行けないし友達にも会えないので、子供としてはつまらないように感じてます。

けど、少しの間なので他の子に移さないように待機しなければなりません。そんな時はアニメを見たり、オモチャで遊んだり絵本を読んだりして過ごします。たまに変にテンションが高い時があるけど、そんな時は寝るサインなのでそのまま寝かしつけます。熱が出てるのにハイテンションなのは変な感じです。まだ40度近くは出たことがないので今は心配してないけど、もし出たらすぐ病院へ行かなければなりません。

とりあえず、熱が下がるのを今は静かに見守って過ごしたいと思います。